レーザー脱毛は日焼けをしているとできない?

レーザー脱毛は日焼けをしているとできないのでしょうか。実際それはその通りです。レーザー脱毛は、黒い部分だけに反応するようになっているので、肌が黒く焼けていると、その部分にも刺激を与えることになります。日焼けした後の肌は黒くなっているので、光が日焼けした部分にも反応してしまうのです。

 

簡単に言うと日焼けしていると肌に直接照射することになるので、やけどしてしまう可能性があります。

 

そうしたことから、日焼けしてしまっている人は、脱毛サロンでは脱毛を禁止しているところがほとんどです。日焼けしてしまうと肌も敏感になっているので、その上に脱毛してしまうと肌へのダメージがさらに大きくなります。日焼けした状態でレーザー脱毛すると、やけどの危険性があるだけでなく、痛みを感じやすくなります。

 

レーザー脱毛は、黒い部分に反応して脱毛するので、どうしても痛みが増してしまうのです。レーザー脱毛は日焼けをしているとできないもう1つの理由は、日焼けした部分の肌のメラニンにも反応するので、脱毛のターゲットが上手く定まらないからです。ターゲットが分散することで、脱毛効果が低くなります。